【カードローン】無利息・低金利・おまとめローン可・限度額で比較!!

申し込みブラックを避けるためには

Column No,7
申し込みブラック カードローンもキャッシングも同様に、審査に落ちたあと一定の期間をあけずにすぐに他社に申し込んで審査を受けていくと、申し込みブラックと言うレッテルを張られ、
それが信用情報機関に記録されます。


そうなるともし仮にあなたが借り入れの条件を満たしていたとしても、申し込みブラックとなり、お金の貸し手が嫌でも避けるようになりますからお金を借りることができません。

学校でいうところの爪はじきになっている状態が「申し込みブラック」です。これを回避するためには、申し込みと申し込みの間隔を銀行なら半年、消費者金融なら最低1ヶ月間あける必要があります。

ただそれはあくまで目安にすぎません。
まず根本的な原因から探るようにしましょう。

それはつまり、なぜその会社で審査に落ちたかの情報を少しでも手に入れる、ということです。
そのために必要なのは、審査をしてもらい落ちてしまった会社への問い合わせです。
いや、問い合わせなんて簡単にいうけど、そんなこと教えてくれるわけないじゃないか、
と思われるかもしれません。

もしも過去にカードローンをで借入をしていて延滞があったとか、返済トラブルがあったとか、
債務整理をして5年以上経過していないとか、審査落ちの理由が明白なら、
問い合わせる必要もなくそれが原因で落ちているわけです。

なので、ブラックリストから消える5年から7年後再び申し込みを行うことになります。

そうではなく落ちた理由の心当たりが無い場合、問い合わせする価値は大いにあります。

それにそういった場合であれば、おそらくお金を貸す側の社内規定に引っ掛かっているか、
もしくはその部分だけが引っかかっており、あとは貸し出し可能な信用情報の2通りに該当する可能性があります。

仮に後者の場合、「そこ」だけが問題になっていれば貸してあげられるのに、
と貸し手の側も考えているケースが多く、歯がゆい思いをしているかもしれません。

ということになった場合、あなたは粘り強く、どうしてもあなたの会社で借りたいんだけどどうすればいい?
と熱意をもって聞きましょう。

なにが審査に落ちた原因かとストレートに聞いてもダメですから、お金を借りるためにどうすればいい?
と聞きましょう。

何らかのヒントは得られるはずです。
お応えできませんといわれたら、そんなサービスの悪い会社に申し込んでもダメだったとあきらめがつきます。

いずれにしても審査落ちした原因がわからないまま、
ハイ次、ハイ次と申し込みを重ねていくのはデメリット以外の何物でもありません。


審査落ちしたならその原因究明を行い、
その改善をしてかつある程度期間がたってから再度申し込みをするとよいでしょう

 

トップへ戻る