主婦でもカードローンを申し込むことができます

カードローンを家族に知られずに申込み利用できるか?

Q&A
家族に知られずにカードローンを利用したいが大丈夫?

家族に知られる事なくお金を借りる方法はあります。やはり家族に内緒にしたいと考える方は多いようです。 本来であれば家族に相談をしてから考える方がベストといえそうですが、急な出費や思わぬ出費もあります。

特に専業主婦の場合は自分の遊びのためというよりも、家計のやりくりの中で不足してしまうこともあります。 様々な事情により、夫には内緒にしておきたいと考えるようです。ところが2010年に貸金業法が改正され総量規制が規定され、収入の3分の1までしか借り入れができなくなったのです。そのため専業主婦にとってはお金を借りる事が厳しくなりました。 収入のない専業主婦の場合は夫の収入により借り入れ額が決まってきたり、申込みは夫の同意書が必要となるのです。

しかしこの総量規制には例外があります。銀行からの借り入れは、この規制が適用されないのです。 ですから銀行系のカードローンなどに申込みをすれば、専業主婦であってもお金を借りる事は可能です。

どの金融会社にも申込みは在宅にてできるものが多く、指定の口座に振り込みをしてくれるものがありますので、家族に知られる事なく利用することができます。 また会社によっては、申込み時に家族がお金を借りる事を知っているか、という確認の項目があるようです。 審査の際にも、電話連絡をする場合は会社名は名乗らない等の配慮をしてくれたり、利用明細書を希望した住所へ送るなどがあります。 しかしこれらのサービスもきちんとした返済が絶対条件となってきます。返済期日を守らないようなことがあれば、当然ですが、夫への連絡がなされることになります。

このようなサービスが、全ての会社にあるわけではありませんので、内緒にしたいという事であれば、対応してくれる会社であるかの確認は必要です。 申込みの時にその旨を伝えておくとよいかもしれません。内緒にしたいからといって、偽りの連絡先や、職業を記入することはやってはいけません。 偽りがわかってしまった場合、全てが白紙に戻ってしまいます。

夫の会社名を記入することは抵抗があるかもしれませんが、金融機関とわかるような名前で連絡がくるような事はありませんので、その点は安心をしてください。 正直にご自分の事情を話す方が信頼されますし、会社も誠実な対応をしてくれます。一番ご自身の事情に合う会社を選ぶ事が大切です。 最後に一般的な方々が潜在的に「お金を借りる」ということにどんな反応を示すか書いておきます。

たとえば男性が奥さんに内緒でお金を借りる場合、もし奥さんが相手の金融機関からの電話に出てしまった場合でも、電話口から「〇〇銀行ですが・・・」と言われた場合と、 「消費者金融の〇〇ですが・・・」と言われた場合には、大きく反応が異なるようです。 もちろん本人確認の際に、消費者金融は会社名を名乗らず個人名で電話をかけてきますが、奥さんにしてみれば旦那さんに女性が個人名で電話をかけてくれば違う意味でも 疑われて、あらぬ嫌疑をかけられる場合があります。突き詰められて本当なお金を借りたのだということを吐露してしまわなければならない方もいるようです。

しかし銀行で融資を受ける場合には、万が一「〇〇銀行の・・ですが」という電話を奥さんが受けてしまっても、特に怪しまれることは少ないようです。 それくらいいまだにお金を借りる場所(企業)による無意識の不信感は強いようで、そういう方に銀行と消費者金融の金利は大差なくて、きちんと返済すればなんの 問題もないと説明しても理解は得られないでしょう。

どうしてもそういうリスクを心配される方は、銀行系のカードローンを利用することを強くおすすめします。

繰り返しになりますが、返済の延滞だけは絶対避けるよう心掛けてください。銀行でも消費者金融でも、年収や現在の勤務状況、家族構成などを様々調べますが、 これらは本当の意味では単なる情報であり、お金を借りた人を信用するバロメーターにはなりえません。では何が信用の基準になるか?それは「滞りなく借りたお金を 約束した方法、期日に返済を続けている方」ということです。これを怠った瞬間に、金融機関が借主に持っていた信用、信頼は吹き飛んでしまうのです。

トップへ戻る