【カードローン】無利息・低金利・おまとめローン可・限度額で比較!!

カードローンを契約するときに行われる審査は何を調べるのか?

Q&A
カードローンの審査の一番重要な点は、申し込んだ本人に返済能力があるかどうかということを調べます。審査は個人信用情報機関により行われます。この機関は個人の金融に関するあらゆるデータを持っています。厳密にいえば、申し込んだ時点で「申し込み履歴」としてデータが残るということです。

まず一番初めに行われる最重要案件は他社金融機関からの借入状況が調べられます。他の金融機関(銀行・消費者金融)から借入をしているか、過去に借入はしたことがあるか等が調べられるわけです。複数のカードローン会社から借入をしていたり、返済の遅延をしたことがある人は返済能力が低いと評価されてしまいます。また申請した内容に偽りがないか、住所や勤務先、連絡先などの情報もきちんと照合されます。

すでに他社より借入がある、なしにかかわらず年収に対して3分の1という借入の限度額(総量規制)があるため、本人の収入により借りられる上限金額が変わります。他の借入が上限に近い場合は、銀行系のカードローンを検討されるといいでしょう。銀行系のカードローンの場合はこの年収に対する限度額の裁量規制の対象外のため、収入や就業状態によっては貸付をしてくれます。仮に住宅ローンや自動車のローンがある方は規制の対象外ですので心配はありません。

審査の際にやってはいけない事は他の借入を隠そうとすることです。金融機関は情報を持っているためすぐにわかってしまいますので、審査の際には正直に今の借入状況などを申告する必要があります。さて重要な項目としては職業や収入の問題があります。就職をしていて、収入も高く、勤続年数も長いとなるともちろん評価は高くなります。また、勤め先の信用度(大手企業であるなど)も考慮され、返済能力が高いと評価され、審査の可否も有利になることが多々あります。現在ではアルバイトやパートの方でも問題なく申し込みできます。ただし左記に示したように総量規制という法律があるため、消費者金融系の場合は勤め先よりいただいている収入の額の3分の1が借りられる上限金額となります。

その他審査する項目としては住居に関することです。住んでいる家が自分の名義であるとか、居住年数が長い事も評価の対象となり重要視されます。同じところに長く住んでいる人の方が評価は高くなる傾向にあります。やはりこれも安定的な生活をしてきているとして信用が高くなるのです。

社会人として安定的な生活を送っている事を審査されるわけですから、明らかに年収に見合わない家賃であったりすると、評価が下がる事もあります。意外なところでは、連絡先が携帯電話よりも、固定電話の方が評価が高いといわれています。

これも同じ場所で実際に生活をしているとみなされるため、評価が上がるのです。このようにきちんと審査されますので、偽りのない誠意を示すことが大切なのです。
トップへ戻る